2014年11月05日

【天使の防護服】 もしも愛犬が白内障などで失明してしまったら

天使の防護服.png
下記のサイトは全て英文ですが、動画を見ていただければわかると思います。
ちなみに「白内障になりやすい犬種」で検索すると、シベリアン・ハスキー、ミニチュア・シュナウザー、コッカー・スパニエル、プードル、ビーグル、ゴールデン・レトリーバー、ボストン・テリアなど、すごい数の犬種が出てきます。

http://thedo.gs/2013/06/health/this-angel-costume-is-designed-to-improve-a-blind-dogs-quality-of-life-12133/7999/

http://www.winnipegfreepress.com/arts-and-life/life/new-tricks-for-old-dogs-281412551.html

<Google画像検索>
https://www.google.co.jp/search?q=blind+wears+a+Halo&es_sm=93&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ei=YupYVN-TC8i58gWZs4DwBA&ved=0CAgQ_AUoAQ&biw=1242&bih=619#tbm=isch&q=blind+wear+a+Halo+dog

統計の資料は見つかりませんでしたが、私も多くの白内障のわん仔を見てきました。
予防するのは非常に困難ですが、その原因は、
◆ 加齢による発症(加齢性白内障)
◆ 糖尿病などの他疾患
◆ 目の重度の外傷
◆ 遺伝により発生する若年性の白内障
◆ そして近年は使用頻度が増大している人工甘味料(アスパルテーム・キシリトール・サッカリン・スクラロースなどという名称で、あるいは原材料に表記されずにフードやおやつに添加されてもいます)による発症。 参照: 【手作りごはん】
等々が挙げられます。

「天使の防護服」が日本で発売されているかどうかは不明ですが、ご自身で制作することも可能だと思います。
あなたの愛犬、お知り合いの犬を飼っている方で、心当たりがありましたら是非教えてあげてください
ラベル:病気
posted by ベルテのお客 at 01:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。